遅く就寝する習慣とかストレス社会も、顔の皮膚のバリア機能を低レベルにして、刺激を受けやすい環境を誕生させやすくしますが、スキンケアのやり方や毎日の暮らしを良くすることで、弱りやすい敏感肌は見違えるようになっていきます。 […]