トップ アトピー理解ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

アトピー理解ガイドTOP

アトピー理解ガイド詳しく解説イメージ

下の県名をクリックすると各県毎の一覧がでます。

北海道
東北地方
関東地方
信越地方
北陸地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島

「アトピー理解ガイド」へのご訪問ありがとうございます。

アトピーとは、正式名称をアトピー性皮膚炎といい、アレルギー反応が原因の皮膚の炎症などの症状を指します。

アトピー患者の八割は、五歳までの幼児期に発症し、人によっては一時的に症状が治まっても、環境の変化などで再発したり、成人になっても症状が治まらないケースも増えているようです。

幼児期には発症しなかったのに、成人になってからアトピーを発症するケースもあります。

かゆみがあり、湿疹が左右対称に現れ、慢性化しているようであれば、アトピーを疑ってみた方がいいかもしれません。

乳幼児のアトピーの場合は、成長して胃腸が発達し、消化能力が高くなると治まることもあるでしょう。

人によっても症状は異なりますが、かゆみによるイライラや日常生活での様々な制限、周囲の人達の反応など、アトピーの患者やその家族は、アトピーの症状が改善されるまで、強いストレスを感じ続けることになります。

皮膚のトラブルを改善するには、アトピーかどうか分からない場合も含めて、やはり、皮膚科やアレルギーの専門家に見てもらうのが一番だと思います。

全国のアレルギー科クリニックの案内と、アトピーに関する基礎知識を紹介しています。

このサイトが皆様のお役にたちますように・・・

業務別でアレルギー科クリニックを検索できます

アトピー理解ガイドアップ

アトピー理解ガイドでは全国のアレルギー科クリニックを探索しています。オススメの各アレルギー科クリニックを随時ピックアップしています。まずはこちらからご覧になってみてはいかがでしょうか?

池田内科医院 きど皮ふ科 杉浦耳鼻咽喉科・アレルギー科
大貫内科クリニック

大貫内科クリニック

  • 東京都葛飾区西亀有3丁目27-17
  • 03-5680-8056

◆内科 ◆訪問診療 ◆土曜日も診療可(9:00~12:30)◆亀有駅より徒歩8分◆亀有駅を下車して線・・・

多田皮膚科

多田皮膚科

  • 兵庫県神戸市中央区相生町3丁目1-2
  • 078-360-1112

◆JR神戸駅構内◆JR神戸駅ビエラ神戸口すぐ 【院長】 医学博士 大阪大学卒 多田 正憲 日本皮膚科・・・

やんハーブクリニック

やんハーブクリニック

  • 沖縄県沖縄市字宮里527-1
  • 098-939-8877

★小児科 内科 皮膚科 アレルギー科 宮里中学校グラウンド側 ◎医療法人 芍薬会◎美里入口停留所 徒・・・

アトピー理解ガイド記事一覧

アトピー理解ガイド

アトピーとアレルギー

アトピーと生活

アトピーの改善

アトピーの治療

デトックスと漢方

アトピー治療にはデトックスが効果的といわれています。 体内に化学薬品や汚染された水、空気、細菌やウイルスなどの毒素や老廃物がたまると、アトピーに悪い影響を及ぼしてしまいます。身の回りにある毒素としては、まず化学薬品があげられます。抗アレルギー剤や抗生物質などがあてはまり、アトピーを治療するはずの薬が、実は毒素となっていることもあるのです。 また、排気ガスや

今日のお勧め記事 ⇒ アトピーと病院

アトピーを疑って病院に行く前に、その病院の口コミを調べてみてください。病院によっては、アトピーについてあまり詳しい医師が在籍しておらず、いいかげんな対応をされてしまうこともあるようです。 最初に診察を受けた病院でステロイドを処方されて、十年以上ステロイドを使用し続けても治らず、ステロイドも効かなくなって、評判のいい皮膚科に行ってみたらほぼ完治したという人もいます。患者がステロイドを使いたくないというと不快感を露わにする医師もいるそうなので、面倒でも事前にその病院の評判や治療